速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
click here!
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
  nikkansports.com > スポーツTOP > ゴルフ > 内藤雄士の「世界最新スイング」
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
ゴルフ
大会日程&結果
選手名鑑
国内男子ゴルフ
国内女子ゴルフ
内藤雄士レッスン
ゴルフ体験隊
新製品情報
ニッカン・イベント
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
内藤雄士の「世界最新スイング」
2005/01/13 過去のコラム一覧を見る

前方にアゴ、左足体重のまま肩を回すイメージ

― バンカーショットその5 ―

左足上がりのバンカーショットは、上半身を重力方向に垂直になるように構える(撮影・神戸崇利) 左足上がりのバンカーショットは、上半身を重力方向に垂直になるように構える(撮影・神戸崇利)

 ボールがバンカー内のどこに止まるかでショットの難易度も変わってきます。バンカーは芝生でおおわれたコースにある砂のハザード(障害物)ですから、平らな打ちやすいライばかりではありません。まずは左足上がりで、すぐ前方にアゴがある状況になった場合の対処法から説明します。

 バンカー内の左足上がりでは、アゴに近い斜面というケースも考えられます。砂の壁があったりした場合は、フォロースルーもとりづらい。プロなら比較的簡単に気楽に打ってしまうライですが、一般のアマチュアゴルファーにとっては、そう安心もできません。最大のポイント=アドレス。手順から入ります。

 アドレス(1) 上半身を重力方向に対して、垂直にセットします。両ひざの高さと、胸が平行になるイメージです。上半身が傾斜に対して垂直に構えてしまうと、体が傾いてしまい、ミスショットの要因になります。

 アドレス(2) フェースを大胆に開き、スタンスもオープンにして構えます。

 アドレス(3) 最初から左足に体重を乗せます。

 スイングについては体重移動をせず、肩を回すイメージを持ってください。インパクトは目玉や半目玉でない限り、ヘッドのバンス(ソールの出っ張った部分)を先に接地させ、砂の爆発力で脱出させるエクスプロージョンショットを使います。

フェース、スタンスをオープンにして、左足に体重を乗せたまま肩を回すイメージでエクスプロージョンショット フェース、スタンスをオープンにして、左足に体重を乗せたまま肩を回すイメージでエクスプロージョンショット

 インパクト後はヘッドが振り抜きづらいため、インパクトからすぐにフィニッシュというイメージになります。結果、ボールは高く打ち出されますが、それほど飛距離は出ません。

 左足上がりでもフォロースルーが取れる状況になると、ポイントも変わってきます。

 (1)斜面の傾斜にそって振り抜く。

 (2)ボールの位置は真ん中にして、体重は配分は左右均等にします。体が突っ込みすぎないように体重移動をせず、そのままの状態でスイングします。

 (3)ボールが高く打ち出されるライのため、飛距離が出ない分、大きな振り幅でスイングします。フォロースルーからフィニッシュにかけて、ヘッドを大きく振ることで飛距離を稼ぐイメージを持ってください。決してインパクト前にスイングスピードを緩めたり、早めたりすることなく、一定のリズムで振ることを忘れないでください。

 次回はバンカー内のショットでは最も難しいとされる左足下がりのショットです。こればかりはプロも嫌がるライなので、しっかり対応できるように理論を学びましょう。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

メールを送る ※ゴルフ企画、コラムに対するご意見、ご感想をお寄せください。
   lovegolf@nikkansports.co.jp

内藤雄士(ないとう・ゆうじ)
 1969年(昭和44年)9月18日、東京生まれ。日大ゴルフ部では丸山茂樹らと同期。米国にゴルフ留学し、サンディエゴアカデミーなどで最新のスイング理論を学んだ。98年から日本ツアーでプロコーチでの活動をスタート。01年に丸山と契約し、日本人で初めて米ツアー(USPGA)プロコーチとして、マスターズ、全米オープン、全米プロのメジャー大会に参加した。(株)ラーニングゴルフクラブ(杉並区高井戸)の代表取締役で、2月から新宿駅ビル「マイシティー」屋上で開校した「クラブ23ゴルフスクール」を丸山と主宰している。

前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ