速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ

共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
  nikkansports.com > スポーツTOP > 新弥のDAYS'
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
スポーツTOP
NBA
NFL
NHL
大相撲
ラグビー
ゴルフ
モータースポーツ
新弥のDAYS'
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
後藤新弥の「DAYS' online」タイトル
バックナンバー
著書の紹介
著者プロフィル
 2004年04月25日更新

松野明美さん爆笑トーク

 <私は当然五輪代表になると思っていた>

 「私はねぇ、何もお願いするつもりで“私を選んでください”って記者会見開いたんじゃないの、あの時はもう当然選ばれると思って、だから“頑張ります、金メダルを取ります”っていう挨拶のつもりだったんですゥ」。

 いまや爆笑系ランナー・タレントとして大人気の松野明美さんと、トーク番組をやった。

 いや、おかしいのなんの、とても活字でその痛快さを再現することは出来ないが、スポーツをこんなに楽しく語ってしまっていいのだろうかと思うほど、彼女は人を笑わせ、自分も笑った。(そして泣かせた)。

 松野さんは68年、メキシコ五輪の年に熊本に生まれ、鹿本高校時代に長距離ランナーとして注目され始めた。ニコニコドーの選手として88年ソウル五輪1万メートルに出場、本人の数え間違いかどうか今でもなぞだが、予選であと1人抜けば決勝進出のところを、通過ならず。しかしゴール後に倒れ込む独特のスタイルが「かわいい」と、おじさん達の評判になった。

 その後92年の大阪国際女子マラソンで2位に入り、2時間27分02秒をマークしたが、有森裕子にその年のバルセロナ五輪代表の座を奪われた。代表選考の発表を前に記者会見し、「私を選んでください!」と発言。話題を呼んだ。

 トークは、その件にまず触れた。

 「だから、発表の日もわくわくし通しで、落ちるなんて考えもしなかった。ニコニコドーの合宿所の食堂にいたら、岡田監督が“ちょっと来て”というので、朗報だと飛んでいったんです。そしたら落ちたって聞かされて、頭ん中真っ白、もう!私はその日からマラソンを憎みましたね。マラソンに裏切られたと思いました。24時間365日、恋人のようにマラソンとつきあってきたのに、これは何!人生って、こういう裏切られ方をするものなんだって」。

 「だいたい、走るってそんな楽しいもんじゃないですよ。まだ走るのか、まだ30キロもやるのォーって、私なんか練習でいっつも思ってましたからね。つらくって、ええ。それを我慢してやった結果が、これですからね」。

 「有森さんをけ落として出たいっていうんじゃなくて、ただ五輪にもう1度出たかっただけなんですよ。有森さんを恨んでなんかいません。でも有森さんは私よりタイム悪かったし、第一、選考会に出てこなかったのよ。それなのに何で有森さん選んだんですか(恨んでるよ=笑い)、今でもヘンだと思ってます、はい」。

 「88年ソウル五輪は1万メートルで出ました。あのときは初めてですから、五輪ってこういうものかって、鳥肌が立ちましたからね、私なんか。今でも思い出すと鳥肌立ちますよ(本当に立っていた)。あんなたくさんの人に囲まれて、もうそれだけで押しつぶされそうになりましたよ、スタートで。走り始めると、すぐに苦しくなるんですよォ、だいたい私146センチだから、外国の選手のちょうど腰やお尻の当たりしか目に入らない。お尻目線で目いっぱいですよ。だから、何かハプニングでも起きて、犬でも出てきてくれないかな、噛まれたらもう走らなくていい、レース中止になるのにって、本気でそう願ったんですよ」。

 「それが本当の気持ちなんですよ、選手の気持ちなんですよ」。

 「それでもうダメ、止めようかなって思ったときに、ふとスタンドの上の方、万国旗の中に小さな小さな日の丸を見つけたんです。その小さな旗が、どれほど大きく心に映ったことか。ああ、日の丸が私を応援ししてくれている、ようし頑張らなくっちゃと、そこから勇気が沸きましたね。でも、楽しく走ってるように見えたのは、外側だけ、そんな甘いもんじゃないですよ、そんな強くないですよ、私」。

 「えっ? 家でですか? 私、夫婦げんかしたいんですよ、やっちゃいたいんです。でも主人(前田真治さん)が全然相手にしてくれなくて、喧嘩にならないんです。結婚ですか? 2001年の9月10日、例のテロ事件の前の日、ハワイで挙式したものだから、足止め食って、すぐには日本に帰れなかったんです。主人とは偶然同じ高校出身なんです。ある結婚式で知り合って、後で知ったんですけど、主人は軟式テニス、私は陸上部。向こうも私のことなんかよく知らなくて、1度も応援に来なかったらしいです。でもそういうおっとりしたとこが大好きで、はい、子どもはもう2人」。

 「走るのですか、私走るの大好きですから。子どもを2人とも主人に預けて、毎日1時間は走ってますよ」。

 「それがねぇ、家事が忙しくて、10分でも走る時間を見つけるのが大変(????)。昔は嫌いになるまで走ってたのに、今は走る時間がないとなると無性に走りたくて」。

 「アテネ五輪ですか? もちろん女子マラソンに興味ありますね。3人はすばらしいレースをすると思いますね。ただ今回は日本の最強メンバーじゃない。高橋さんの走りはやっぱり見たかったですよ。金メダルですか。金はちょっと無理でしょうけど−−だってあのコースは頑丈な人向きで、下りでバーっと行かれたら日本選手には苦しいですよ、だからぜひ銀メダル取って欲しいんです」。

 「それと末続選手ですねえ。彼なんか、少数派というか、他の人と全然違う。実は私、引退した(95年)後、リポーター役で、末続選手が高校生の時に取材に行ってるんです。そのときたまたま故障続きで、彼はろくに走れていなかったんですが、そのくせに、“僕は五輪に出るんです”なんて言ったんですよ、高校生が。おかしいというか、ヘンでしょう? 馬鹿? そう馬鹿。でもスポーツでホントに強い人って、やっぱり普通じゃない。普通じゃ勝てない。ヘンなヤツだと思われるほど強い信念があって、おかしいと言われるほど人の何倍も練習するような人じゃないと、絶対勝てない。スポーツってそうなんですよ」。

 (実は仕事もそうなのだが、多くの人は自分と仕事はそういう関係ではないと、他人事のようにこの話を受け止める。そこで、勝負がもうついている。そのスポーツの怖さ恐ろしさをも、松野明美さんは、言うなればまんじゅうのように、爆笑の皮に包み込んでしまう。熊本では、「松野明美の子宝まんじゅう」というのがあって、売れているそうだ)。


著者の言葉
 ご愛読に感謝申し上げます。すべてにご返信ができないため、整理の都合上、nikkansports.comの本欄、マスター及び筆者個人アドレスでは、コラム内容に関するご感想などのEメールは、現在すべて受付を中止しております。お詫び申し上げます。下記にご郵送ください。
 また、他ページ、フォーラムなどへの転載は、引用を含めて、お断りします。ご協力に感謝いたします。
 【郵送宛先】 郵便番号104・8055 日刊スポーツ新聞社 編集局 後藤新弥

著者プロフィル
 後藤新弥(ごとう・しんや) 日刊スポーツ編集委員、57歳。ICU卒。記者時代は海外スポーツなどを担当。CS放送・朝日ニュースターでは「日刊ワイド・後藤新弥のスポーツ・online」(土曜深夜1時5分から1時間。日曜日の朝7時5分から再放送)なども。
 本紙連載コラム「DAYS’」でミズノ・スポーツライター賞受賞。趣味はシー・カヤック、100メートル走など。なお、次ページにプロフィル詳細を掲載しました。
【 詳細プロフィルへ
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ