速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ

共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
  nikkansports.com > スポーツTOP > 後藤新弥 スポーツ&アドベンチャー
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
スポーツTOP
NBA
NFL
NHL
大相撲
ラグビー
ゴルフ
モータースポーツ
新弥のDAYS'
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
後藤新弥 スポーツ&アドベンチャー 後藤新弥 スポーツ&アドベンチャー
後藤新弥 スポーツ&アドベンチャー
 2004年07月25日更新 | 新弥のDAYS' | バックナンバー |

オヤジ、爆走。

31cc豆バイクでブイブイいわしちゃったんで夜露死苦!!

 排気量31tの豆バイクがある。これで箱根を越えて、25日決勝の「コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース」の鈴鹿サーキットまで、制限時間8時間でたどり着けるか。58歳の編集委員がそういうくだらない賭けをした。定年間際の焦りからか、置き忘れた我が青春への未練なのか。20日早朝、東京の熱波に送られて、「おやじの8耐」は旅立った。

写真 「バイクってのは、面白くなきゃ」が、佐々木和夫さん(57)の口癖だ。本田技研でレース・マシンを設計していた。あこがれの職業だが「レース用はどれも速さが最優先。もっと自由に、イタズラなバイクを作りたい」と独立した。その25年記念に売り出したのが、この豆バイク。名前の和夫をひっくり返して、マシン名がOSCA。能書きも冗談じみている。「バッグに入れて持ち歩こう」。まさか。

 ところが、ハンドルを畳むと本当にキャスター付きのバッグに入る。サイズは80、30、40 センチ 。東京武蔵野市の工房で実物を見た。ふつうのスクーターの3分の1ぐらいだ。エンジンは耕運機などの汎用(はんよう)型で、ポンプでガソリンを送り込んでから、ひもを引いて始動する。ババババ。荒削りな排気音がまた好もしい。

 そのエンジンにタイヤを付けただけ。やたら電子部品を使い込んだプラモ素材の現代バイクに対し、これはあまりにも簡素な「原点バイク」だ。時代に乗り遅れ気味のおやじの感性に、強く何かを訴えかける。

 よし、バッグに入るという冗談買った。バイクの「鈴鹿8耐」に、これで行ってみよう。出来れば他人の金で行こう。

 会う仲間ごとに「8耐にバイクで行きたいね」と話しかけ、「ナナハンなら8時間で行けるよね。原付ではどうだろう」と伏線を張った。「50tじゃ無理だ」と来るから「でも行けるかも」「箱根越えて、8時間でだよ?」。そこですかさず「じゃあ、行けたら旅費出すか」と持ち掛ければ、たいがい乗ってくる。「なら押しても引いても行ってやる」。話の順を間違えなければ、秘伝「逆キセル」には、まず気付かれない。

図

 「引いても」いいという契約だ。バッグに入れて、ゴロゴロ引いて、東京から「ひかり」に乗った。重量25キロ 、改札で肩に掛けると体のフレームがゆがんだが、中身がバイクとはだれも気付かない。

 条件に指定された「箱根越え」のため、小田原で降りて駅前で組み立てる。エンジン一発始動、いやその走りの活発なこと。

 3キロ先、箱根駅伝5区(20・7 キロ )の起点で渋滞したが、すいすい抜ける。1・5馬力は原付50t車の4分の1以下の出力だが、平均時速25 キロ でぐいぐい登る。

 ただ小さい分、しりを乗せるのが精一杯。暴走族よろしくまたを広げても、路肩の段差でけっこう振られる。待ち合わせていた伴走車の佐々木さんにカメラ目線で手を振ったら、よろめいた。トラックが、笑いながら怒鳴って通る。「見えねぇんだよ、小さくて」。

 「腰を引かず、思い切って前に座って」と、生みの親。不思議に安定した。宮ノ下左折の難所で、やや少しエンジンがあえいだが、5区を1時間20分。駅伝記録1時間11分29秒には及ばないが、給油や撮影時間を除けば東大には絶対負けてない。



箱根を伴走してくれたイラストレーターの本森隆史さんも、ユーザーの1人。さっそく描いてくれた。

 なにかうれしい。

 伴走車と別れて三島駅で休んでいると、女子高生集団が「きゃあ、クワイィ。何してるの」。待ってました。「リンコウだよ」。サイクリングなどで途中まで列車で運ぶのを、輪行と呼ぶ。話に引き込んで、と思ったら、「ギャハハ、おじさん、インコウだって」。笑いながら逃げ散った。ふん、常識ないね、君ら。

 気を取り直して名古屋で乗り換え。近鉄白子からサーキットまでは、また実走全開だ。8時間には余裕があった。鈴鹿はまだ大会準備中。無人のピット裏、バックミラーに映る夏雲だけが僕を見ていた−−。

 8耐というのは純粋なレース用マシンではなく、市販バイクをベースにした耐久レースだ。だから若者たちの共感を呼ぶ。佐々木イズムの原点バイクは、だから8耐によく似合う。

 その佐々木さんから電話が入った。「次は清里とかの大自然を走りましょう、本来、そういう大人の散策用に作ったんです」。「いいですねえ、ぜひ来週」。

 夜、筋肉痛でのたうち回って、その話は忘れた。




写真 写真

(1) 25キロはさすがに重いが、肩掛けも可能だ

(2) ポケバイよりひと回り小さい

(3) 箱根路で給油のピットイン。左が制作者佐々木さん、中央はユーザーも本森さん

(4) トラックのタイヤよりまだ小さい

(5) 伊豆の山並みを見下ろしながら、箱根を下る

(6) まだ無人のサーキット。夏雲だけが僕を見ていた

写真 写真
写真 写真



「面白い」人とマシン

★佐々木和夫 47年東京生まれ。東京理科大卒、70年から8年間、本田技研で初期型シビックの車体、レース用モトクロス・マシンや量産車GL500などの設計を担当。80年にCKデザイン( 電話 0422・53・9142)を設立、ユニークなバイクやヘルメット、アルミ製車いすなどを設計している。マニア垂ぜんのドイツ製バイク「ホレックス」も作品の1つ。

★豆バイク OSCA X31A。正規の原付1種で認可されている。通算販売台数約300。愛称「小猿」。現在改良2型を市販中で税込み18万6900円(バッグ別売り)。ガソリン・タンクは容量1リットル 。ブザーやメーターは自転車用。キーはない

おやじの8耐 精算書

★ガソリン・タンクは1リットル 走行距離約50 キロ で消費1・5リットル 、約160円。汽車賃は1万2410円で、列車だけの場合(1万1740円)よりかかったが、白子〜サーキットのタクシー代(2060円)で逆転勝ち。おやじライダーは水3本(計1・5リットル)450円を


著者の言葉
 ご愛読に感謝申し上げます。すべてにご返信ができないため、整理の都合上、nikkansports.comの本欄、マスター及び筆者個人アドレスでは、コラム内容に関するご感想などのEメールは、現在すべて受付を中止しております。お詫び申し上げます。下記にご郵送ください。
 また、他ページ、フォーラムなどへの転載は、引用を含めて、お断りします。ご協力に感謝いたします。
 【郵送宛先】 郵便番号104・8055 日刊スポーツ新聞社 編集局 後藤新弥

著者プロフィル
 後藤新弥(ごとう・しんや) 日刊スポーツ編集委員、58歳。ICU卒。記者時代は海外スポーツなどを担当。CS放送・朝日ニュースターでは「日刊ワイド・後藤新弥のスポーツ・online」(土曜深夜1時5分から1時間。日曜日の朝7時5分から再放送)なども。
 本紙連載コラム「DAYS’」でミズノ・スポーツライター賞受賞。趣味はシー・カヤック、100メートル走など。なお、次ページにプロフィル詳細を掲載しました。
【 詳細プロフィルへ
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ