nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 
click here!
ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
モータースポーツ
F1
WRC
MotoGP
スーパーGT
年間カレンダー
オンライン投票
コラム一覧
フォト集
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

モータースポーツタイトル画像 F1タイトル画像
コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る

欧州GP

欧州地図
サーキット
欧州GP・コース図

◆ニュルブルクリンク
 ドイツのケルンから約90キロメートル南西に位置し、1927年7月18日にオープン。創設当時は全長28.29キロメートルもある山岳コースで、50年代からドイツGPも開催されていたが、76年ニキ・ラウダが事故で瀕死の大火傷を負ったことをきっかけにF1開催は中止。その後約20キロメートルに短縮して北コースとして残しつつ、全長約5キロメートルの近代的GPコースを新設。現在の欧州GPはこの新コースが舞台となっている。全長5.148キロメートル。周回数60周(308.86キロメートル)。


 ◇最速ラップタイム  
  予選     1分27秒691     佐藤琢磨(BARホンダ)=04年  
  決勝     1分29秒468     M・シューマッハー(フェラーリ)=04年  


歴代優勝者
開催地 ポールシッター/優勝者
1983 イギリス・ブランズハッチ E・デ・アンジェリス(ロータス・ルノー)
N・ピケ(ブラバム・BMW)
1984 ドイツ・ニュルブルクリンク N・ピケ(ブラバム・BMW)
A・プロスト(マクラーレン・ポルシェ)
1985 イギリス・ブランズハッチ A・セナ(ロータス・ルノー)
N・マンセル(ウィリアムズ・ホンダ)
1993 イギリス・ドニントン A・プロスト(ウィリアムズ・ルノー)
A・セナ(マクラーレン・フォード)
1994 スペイン・へレス M・シューマッハー(ベネトン・フォード)
M・シューマッハー(ベネトン・フォード)
1995 ドイツ・ニュルブルクリンク D・クルサード(ウィリアムズ・ルノー)
M・シューマッハー(ベネトン・ルノー)
1996 ドイツ・ニュルブルクリンク D・ヒル(ウィリアムズ・ルノー)
J・ビルヌーブ(ウィリアムズ・ルノー)
1997 スペイン・へレス J・ビルヌーブ(ウィリアムズ・ルノー)
M・ハッキネン(マクラーレン・メルセデス)
1999 ドイツ・ニュルブルクリンク H・H・フレンツェン(ジョーダン・無限ホンダ)
J・ハーバート(スチュワート・フォード)
2001 ドイツ・ニュルブルクリンク M・シューマッハー(フェラーリ)
M・シューマッハー(フェラーリ)
2002 ドイツ・ニュルブルクリンク J・P・モントーヤ(ウィリアムズBMW)
R・バリチェロ(フェラーリ)
2003 ドイツ・ニュルブルクリンク K・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)
R・シューマッハー(ウィリアムズBMW)
2004 ドイツ・ニュルブルクリンク M・シューマッハー(フェラーリ)
M・シューマッハー(フェラーリ)
2005 ドイツ・ニュルブルクリンク N・ハイドフェルト(ウィリアムズBMW)
F・アロンソ(ルノー)
前のページへ戻る このページの先頭へ
日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。