男子走り幅跳び(義足T63)で前回リオデジャネイロ・パラリンピック銀メダルの山本篤(新日本住設)は6メートル40で3位に入り、東京パラリンピック代表に内定した。4大会連続。

女子400メートル(上肢障害T47)はリオ大会銅メダルの重本沙絵(日体大大学院)が1分0秒65の7位で、今大会での内定を逃した。同1500メートル(知的障害)で古屋杏樹(彩tama陸上ク)は6位、蒔田沙弥香(愛知陸協)は7位だった。

男子やり投げ(上肢障害F46)は高橋峻也(日本福祉大)が6位となったのが日本勢最高だった。(共同)