女子走り幅跳び(義足T63)で20歳の兎沢朋美(日体大)が4メートル33で銅メダルを獲得し、4メートル13で4位だった21歳の前川楓(チームKAITEKI)と共に東京パラリンピック代表に内定した。兎沢は初で、前川は2大会連続の代表入り。

男子100メートル(車いすT52)では、既に内定を得ている伊藤智也(バイエル薬品)が17秒41で3位に入り、2位だった9日の400メートルに続く表彰台。17秒52で4位の大矢勇気(ニッセイ・ニュークリエーション)は初のパラリンピック代表に内定した。(共同)