パラパワーリフティング男子で12年ロンドン、16年リオデジャネイロ両パラリンピックを制覇し、男子107キロ超級で310キロの世界記録を持つシアマンド・ラハマン(イラン)が1日、自宅のあるイランのオシュナビエで心臓発作のため死去したと英BBC放送(電子版)などが伝えた。

31歳だった。生まれつき両膝に障がいがあったラハマンは、リオデジャネイロ大会で前人未到の300キロ台を挙げて金メダルを獲得。今年の東京パラリンピックでの記録更新に意欲を示していた。