日本車いすラグビー連盟は21日、金メダル獲得を狙う東京パラリンピック代表に主将の池透暢(日興アセットマネジメント)やエースの池崎大輔(三菱商事)、女子の倉橋香衣(商船三井)ら12人を選出した。

前回リオデジャネイロ大会は銅メダルで、2018年世界選手権を制した。池は東京都内で行われた記者会見で「チームは最高の状態に仕上がっている。最高の結果を勝ち取りたい」と意気込みをのぞかせた。