東京パラリンピックの陸上男子400メートル、1500メートル(車いすT52)で2冠を達成した佐藤友祈が11日、所属企業のモリサワ本社(大阪市)で報告会に臨み、新たに競技を始める人を対象とした「競技用車いす寄贈プロジェクト」を開始すると発表した。

「レーサー」と呼ばれる陸上の競技用車いすの価格は数十万円。東京大会をきっかけにスポーツに取り組もうという子どもを含めた障がい者にレーサーを贈る。佐藤は「競技用具は本当に高い。一般家庭で手を出せる金額ではない。周囲にそういった方がいたら、ぜひ紹介してほしい」と語った。