北京冬季パラリンピックのアルペンスキー女子で金3銀1のメダルを獲得し、昨夏の東京パラにも陸上で出場した25歳の村岡桃佳(トヨタ自動車)が11日、夏冬2競技の両立を続け、2024年パリと26年ミラノ・コルティナダンペッツォ冬季の両パラ出場を目指すと自身の交流サイト(SNS)で明らかにした。

2度目の冬季パラ出場だった18年平昌大会でメダル5個を獲得した村岡は、翌年春から陸上に挑戦し、東京パラでは女子100メートル(車いすT54)で6位に入賞した。

スキーは今月上旬に今季が終了。陸上は5月に京都市でジャパンパラ大会、6月に神戸市で日本選手権が予定される。(共同)