大野将平は試合と同じように落ち着いた様子で喜びを語った。

 -今の気持ちは

 大野 達成感というよりも、安心感が強い。

 -一日を振り返って

 大野 いつも通りの闘いを心掛けた。圧倒的な差をつけるという目標を掲げ、五輪という場で出すだけだった。稽古を積み重ねて自信はあった。

 -優勝確実と言われていた

 大野 プレッシャーが大きかったし、当たり前のことを当たり前にやるという難しさをあらためて感じた。それに打ち勝ち、人間として一皮むけた。

 -初めての五輪

 大野 独特の雰囲気はあるが、普通の国際大会と一緒だし、気持ちの持ちよう一つだと思う。

 -日本男子で2大会ぶりの金メダルとなった

 大野 井上ジャパンの一員として、誇りを持って闘った。最強かつ最高の選手を目指す集団。そこに少し近づけたと思う。

 -優勝を決めても派手に喜ばなかった

 大野 柔道は対人競技で相手への尊敬や敬意、日本の心を見せられる場だ。気持ちを抑え、冷静にきれいな礼ができた。