渡部香生子(19=JSS立石)、ロンドン五輪で同種目銅メダリストの鈴木聡美(25=ミキハウス)が決勝進出を逃した。

 渡部は準決勝1組に出場し、1分7秒43でこの組7位、全体15位で決勝に進むことはできなかった。予選では1度失格と発表された。だが、日本水泳連盟の抗議が受け入れられ、約1時間後に失格が取り消され、1分7秒22の全体16位で準決勝に進出していた。

 鈴木は準決勝2組に出場、1分7秒18のこの組7位、全体12位で敗退した。予選では1分6秒99の全体13位で準決勝進出を決めていた。

 渡部 予選で1回失格となってしまったが、せっかくチャンスをいただいたのに生かすことができず悔しい。決勝に残れなかったのは悔しいが、今日2本泳げたはメーンの200につながる。

 鈴木 個人のレースがここで終わってしまったんだなと残念な気持ちだが、メドレーリレーに気持ちを切り替えていきたい。予選から6秒台で泳げて手応えを感じていたのだが、準決勝では出し切れなかった。メドレーリレーはチームで戦うので、切り替えて頑張りたい。