感染拡大が続く新型コロナウイルスの影響で東京オリンピック(五輪)の延期が決まったことに、海外の五輪王者たちも理解を示した。陸上男子マラソンの世界記録保持者でリオデジャネイロ五輪金メダルのエリウド・キプチョゲ(ケニア)は「2021年に延期するというのは、とても賢明な決定だ」とツイッターにつづった。

柔道男子100キロ超級で五輪3連覇を目指すテディ・リネール(フランス)はフランス紙フィガロ(電子版)に「この夏のために準備してきた。五輪選手にとって4年でも既に長い。なのに5年…」と調整の難しさを吐露。同時に「今、重要なのはスポーツや五輪ではない。大事なのは、命があり、このウイルスを撲滅すること」と述べた。

リオ五輪で金メダル4つを獲得し、日本で水泳教室を行う活動もした競泳女子のケイティ・レデッキー(米国)はインスタグラムで「今日の困難を乗り切るために私たちが団結することで、美しい国での素晴らしい五輪を夢見ることができる」と記した。

ロイター通信によると、競泳男子100メートル平泳ぎの五輪金メダリスト、アダム・ピーティ(英国)は「選手としては、もちろんとても失望している」としながらも「これは生死に関わる問題。正しい行動をとる必要がある」と延期を支持した。

陸上女子棒高跳びの五輪覇者で、予定通りの開催にこだわり続けた国際オリンピック委員会(IOC)の姿勢を批判したエカテリニ・ステファニディ(ギリシャ)は「同じ願い、同じゴール」とツイッターに記した。(共同)