陸上の日本選手権長距離種目で優勝し、東京オリンピック(五輪)代表に決まった男女3選手が大会から一夜明けた5日、大阪市内で記者会見し、女子1万メートルの新谷仁美(積水化学)は「最高のパフォーマンスを見せられるように、しっかり準備していきたい」と抱負を述べた。

日本記録を28秒以上も更新した32歳の新谷は、競技を一度離れた経緯もあって2大会ぶりの五輪代表。自国開催の大舞台となるが「特別な気持ちはない。普段通り準備していく」と語った。

男子1万メートルで日本新記録を樹立した23歳の相沢晃(旭化成)は「選ばれたからには結果を残すことが使命」、女子5000メートルで代表入りした21歳の田中希実(豊田自動織機TC)は「責任を持って自分の力を出し切りたい」と、ともに初めて挑む五輪への決意を語った。(共同)