陸上の東京オリンピック(五輪)女子400メートルリレー代表が16日、大阪市ヤンマースタジアム長居での大阪選手権にオープン参加し、青山華依、児玉芽生、斎藤愛美、鶴田玲美が43秒87をマークした。この日は予選で、17日の決勝にもオープン参加する。

五輪本番で43秒39の日本記録更新を目指す。6月の日本選手権で100メートル、200メートルを制した児玉は「(5月の)世界リレー以来の久しぶりのレースで43秒台が出たことはよかった。日本記録更新に向けて個々の力を上げ、バトンの精度を高めることが必要」と話した。