世界バドミントン連盟(BWF)は3月31日、国際大会の再開が見通せないため、世界ランキングを同17日付で一時凍結すると発表した。

東京オリンピック(五輪)の出場枠は4月28日付世界ランクに基づいて各国・地域に分配する予定だったが、再検討する。3月17日付ランキングで男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)が1位、女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)が3位、女子ダブルスの福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)が2位につけていた。