ボクシング男子ウエルター級の岡沢セオン(鹿児島県体協)ら東京オリンピック(五輪)代表3選手が2日、オンラインで記者会見し、井上尚弥(大橋)らプロの新旧世界王者が参加する慈善イベント「LEGEND」(11日、国立代々木競技場)への参戦を表明した。岡沢は「すごく光栄。プロにはないアマのテンポ、リズム、テクニックを見ていただけたら」と意気込んだ。

3分3回のスパーリング形式でプロ選手らと“対決”する。観客は5000人想定で、新型コロナウイルスの影響で1年近く試合がない選手にとっては貴重な舞台。ライト級の成松大介(自衛隊)は「五輪に生かせることは間違いない」と前向き。ミドル級の森脇唯人(自衛隊)は「全く試合ができていないので感謝したい」と胸を躍らせた。(共同)