6月の東京オリンピック(五輪)ボクシング世界最終予選が新型コロナウイルスの影響で中止となったことを受け、同予選に臨む予定だった男子ライトヘビー級の梅村錬(岩手県体協)が25日、強化合宿中の福島県会津若松市で「仕方ないが、応援してくれる方に申し訳ない。悔しい」と語った。

最終予選で決まる予定だった男女計53の枠を、2017年からの国際大会成績によるランキングで決定する。梅村ら日本の男女5選手は実績が乏しく出場権獲得は絶望的。