新型コロナウイルス感染拡大が深刻なインドのカヌー代表チームがアジア予選出場を断念し、東京オリンピック(五輪)出場の可能性が消滅したと、地元メディアが4日、報じた。五輪予選を兼ねたカヌーのアジア選手権が7日までタイのパタヤで実施されているが、入国制限で出場できなかったため。

報道によると、10人の選手団は大会前10日間の隔離のため4月16日にタイへ渡航予定だったが、インドからの直行便が全てキャンセルに。ドバイ経由での入国も模索したが、五輪出場への最後の機会を失うことになったとしている。(共同)