国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は5日、小池百合子氏が再選された東京都知事選を受けて談話を発表し「この結果は都民が知事のリーダーシップに大きな自信を持っていることを示す」と、東京五輪の成功に意欲的な現職に祝意を表した。

同会長は、新型コロナウイルスの影響で延期となった五輪を「パンデミック(世界的大流行)を乗り越えるための人類の希望や回復力の象徴にする」と位置付け「未曽有の時代にあって、全世界の団結と連帯を示す祭典として、より大きな意義を持つ」と強調。中止や再延期を訴える候補もいた中での圧勝を「小池知事の地道な努力と支援に感謝の意を表したい。知事や都のような、われわれの決意を共有する仲間がそばにいてくれて幸運だ」と持ち上げた。(共同)