英紙タイムズ(電子版)は21日、今夏の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックを巡り、新型コロナウイルスの影響で「日本政府が中止せざるを得ないと内々に結論付けた」と報じた。

「日本、コロナのせいで五輪脱出を模索」と題した東京発の記事。連立与党幹部の話として「既に1年延期された大会は絶望的だとの認識で一致している。今は次に可能な2032年大会の開催を確保することに焦点が当てられている」と伝えた。

「誰も最初に言いたがらないが(開催は)難しすぎるというのが一致した意見」との情報筋の談話を紹介し、国際オリンピック委員会(IOC)と日本政府が表向きには五輪開催は可能と主張しているとした。

IOCのバッハ会長は21日に共同通信のインタビューで中止や再延期の可能性を否定し、菅義偉首相は衆院本会議で開催への意欲を重ねて表明した。(共同)