鳥取県は22日、県内での東京オリンピック(五輪)聖火リレーでランナーを辞退したイモトアヤコと森下広一氏が「県外から観客らが訪れることで感染を拡大させる可能性を心配していた」としていた県の当初の説明は誤っていたと発表した。

森下氏が「スケジュールの都合が合わなかった」とした県の説明も誤っていた。

県は、著名人が公道を走ることで観客が密集し、新型コロナウイルスの感染リスクが高まることを避けたいとして、大会組織委員会を通じて2人の事務所に辞退を要請していた。2人とも「県の思いを理解して辞退を決断した」と説明しているという。(共同)