千葉県は10日、東京オリンピック(五輪)・パラリンピック期間中に県内で予定していたパブリックビューイング(PV)を新型コロナウイルスの影響で取りやめると発表した。

熊谷俊人知事は記者団の取材に「感動や興奮を共有して盛り上がることや県の魅力を内外に発信することが目的だったが、コロナ禍で達成することはできないだろう」と中止の理由を述べた。

また、熊谷氏は大会に観客を入れるかどうかに関し、県民に都道府県間の移動を控えるよう要請していることを念頭に、「有観客にする場合、行政として国民に何を要請できて何を要請できなくなるか認識した上で、バランスを考えて判断する必要がある」との考えを示した。

県によると、PVは千葉市美浜区の県立幕張海浜公園を会場とし、五輪とパラリンピックで2日間ずつ開催する予定だった。(共同)