神奈川県藤沢市の鈴木恒夫市長は11日、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの期間中に市役所本庁舎で予定していた「ライブサイト」を中止すると発表した。理由を「新型コロナウイルスの感染状況を勘案した」とした。

ライブサイトは、大会組織委員会と市の共催。市内の江の島はセーリング競技の会場となっており、大型スクリーンを見ながら選手を応援するほか、五輪競技の体験などができるイベントを開催する予定だった。

新型コロナの感染拡大を受け、当初の想定よりも開催期間や会場を縮小し、計14日間で計約6000人の参加を見込んでいたが、感染リスクを考慮した。(共同)