国際体操連盟は14日、新型コロナウイルスの影響で、体操の東京オリンピック(五輪)予選を兼ねて3月に実施する個人総合のワールドカップ(W杯)シリーズの開催地をドイツのシュツットガルトから変更すると発表した。同国連盟が他都市での開催を模索し、今月中に最終決定する。

2月の種目別W杯コトブス大会(ドイツ)と、トランポリンのW杯バクー大会は中止が決まった。非五輪種目のエアロビックで4月のW杯東京大会は秋以降に延期する。(共同)