日本ホッケー協会は18日、東京オリンピック(五輪)に向けた女子日本代表の候補として、2016年リオデジャネイロ五輪代表のFW永井友、MF永井葉(ともにソニー)の姉妹ら46人を発表した。

3大会連続出場を目指すFW三橋(コカ・コーラ)、08年北京五輪とリオ五輪に出場した36歳のDF小林(旧姓小野=東京ヴェルディ)も入った。

昨年12月に就任したアルナウ監督が関わった最初の候補メンバー。1月上旬の選考会には77人が参加した。今後は強化合宿や大会で段階的に絞り込まれ、東京五輪では16人が登録される。(共同)