新型コロナウイルス感染拡大後、東京オリンピック(五輪)日本代表では女子が1月のマスターズ大会と7日終了のグランドスラム(GS)タシケント大会で7人全員が初の実戦を経験。男子は3人にとどまり、関係者によると66キロ級の阿部一二三(パーク24)は4月までに1大会を経る構想だという。

五輪までに予定の主要国際大会は6月の世界選手権(ブダペスト)の他、GS3大会。26~28日にジョージアのトビリシ、4月1~3日にトルコのアンタルヤ、5月5~7日にロシアのカザンで開催される。世界選手権に日本勢は派遣するが、五輪代表は出場しない方針。(共同)