日本外国特派員協会の月刊誌の表紙に東京オリンピック(五輪)の大会エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザインが掲載された問題で、同協会は21日、オンラインで開いた記者会見で、デザインを取り下げることを表明した。

カルドン・アズハリ会長は「今回の問題で不快な思いをされた各方面の方々に心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

大会組織委員会は、著作権侵害に当たるとして取り消しを求めると同時に「多大な被害が出ている中で、多くの人々、特に大会を目指す世界中のアスリートへの配慮を欠く。自らの品位をおとしめる行為だ」と強く非難していた。

問題となったのは、新型コロナを特集した4月号の表紙。市松模様が特徴の大会エンブレムにウイルスの形を織り交ぜ、その下に新型コロナウイルスを意味する「COVID-19」と記されている。(共同)