新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの販売済みのチケットについて、大会組織委員会が希望者に払い戻す方針を固めたことが9日、分かった。近く発表される見通し。

組織委はこれまで公式サイトを通じて、五輪は約448万枚、パラは約97万枚を販売した。販売済みのチケットは延期後も原則的に有効で、払い戻しは延期で観戦できなくなる購入者に配慮して行う。

東京五輪・パラは従来の計画で予定されていた全ての競技会場、関連施設が、来年の大会でも使用できる見通しになった。五輪の詳細な競技日程は、延期前の計画を基本的に維持する。

五輪は旧計画を1日前倒しした来年7月23日、パラは同8月24日に開幕する。(共同)