オーストラリア・オリンピック委員会会長で、東京オリンピック(五輪)の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長は15日、大会組織委員会が年内に安全な開催に必要な新型コロナウイルスの感染症対策をまとめると述べた。

ロイター通信が15日、報じた。コーツ調整委員長は「どんな対策が必要か決めるのを待っている。式典、参加人数の規模などだ」と語った。