国際オリンピック委員会(IOC)が、オリンピックのテレビ放送で日本人選手の氏名をローマ字で表記する際、国内外で一般的とされる従来の「名・姓」の順番ではなく、日本語表記と同様に「姓・名」の順に変更する方針であることが24日、関係者の話で分かった。

例えば「山田花子」ならば、これまでの「HANAKO YAMADA」という表記から「YAMADA HANAKO」に変わる。