女性蔑視発言で辞任した東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長(83)の後任人事を巡り、選定が混迷を極めた新会長に18日、橋本聖子五輪相(56)が就任した。

IOCのバッハ会長は談話を発表し「素晴らしい五輪の経験があり、最適な人選だ。女性を任命することで男女平等において非常に重要なシグナルを発信する。豊富な政治経験を生かすことができ、政府や東京都、IOCと連携して安全な東京大会の実現に役立つ」などと談話を出した。準備状況を監督するコーツ調整委員長も「彼女の五輪と政治の経験から恩恵を受けるだろう」と信頼感を示した。橋本氏も、バッハ会長と電話会談し「全力で支える」と言われたことも明かした。