元レスリング選手の双子で、いずれもオリンピック(五輪)メダリストの湯元健一さんと進一さん(ともに36)が、和歌山県で走る予定だった東京五輪の聖火リレーを辞退したことが6日、分かった。

同県でのリレーは4月9、10日の予定だが、進一さんによると、2人とも4月9~11日にカザフスタンで開催される東京五輪アジア予選にコーチとして参加するため、日本レスリング協会と協議して辞退を決めた。兄の健一さんは08年北京五輪で銀メダル、弟の進一さんは12年ロンドン五輪で銅メダルを獲得した。