丸川珠代五輪相は23日の閣議後の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が緊急事態宣言と東京五輪との関連性を否定したことについて、発言の意図を直接確認していないとし「何とも申し上げられない。政府としては国民の安心安全を守ることが第一だ」と、明確な言及を避けた。

焦点となっている観客数上限に関しても、国内のイベントにおける上限規制に準じるとの従来の基本方針を強調し「こうしたものと整合させながら最終的に決めていく」と述べるにとどめた。(共同)