ブラジル政府は11日、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックに参加する選手やコーチ、審判、報道関係者への新型コロナウイルスのワクチン接種を開始すると発表した。

政府は米ファイザーから4050回分、中国の製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)から8000回分のワクチン提供を受ける予定であることを明かし、約1800人を対象に12日から始めるとしている。(共同)