新型コロナウイルス感染再拡大の影響で中止論が高まっている今夏の東京五輪を巡り、国際セーリング連盟が国際オリンピック委員会(IOC)に開催方針を確認したものの、回答が得られていないことが分かった。ロイター通信が16日に報じた。同連盟の会計に東京五輪の収益を反映させるために、IOCに問い合わせたという。

各国際競技連盟(IF)がIOCから受け取る分配金は、五輪の放送権料やスポンサー企業の協賛金で賄われている。国際セーリング連盟の監査担当責任者はIOCが未回答のため、会計報告を承認できないとした。(共同)