英国オリンピック委員会(BOA)は8日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長宛てに、日本への出発前に選手団全員が新型コロナウイルスのワクチン接種を済ませることを誓約するなどとした書面を送ったと発表した。

BOAによると現時点で選手団の14%が未接種だが、今週中にほとんどが1度目の接種を受ける。書面には「日本国民へのリスクを最小限に抑えるため、できる限りのことをする」と記した。

新型コロナ対策の規則集「プレーブック」の基準を上回る回数のPCR検査を実施し、出発の14日前に1度、4~1日前に2度、さらに出発当日にも受けて万全を期す方針も示した。(共同)