群馬県太田市は11日、東京五輪に向けて事前合宿中のソフトボール女子オーストラリア代表が15日に日本の社会人チームと行う練習試合を一般公開する方向で国と調整していると発表した。

県に適用された新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置が13日までの期限で解除されるためで、観客は1000人程度を想定。国と感染防止対策を協議している。

清水聖義市長は記者会見で、代表選手全員が入国後14日間が経過する今月下旬以降、選手が希望すれば買い物に行けるよう国と調整していると明らかにした。現在、選手の外出は宿泊先と練習場の往復に限られ、必要な日用品などは市職員が買い出しに行っている。(共同)