国際自転車連合(UCI)は15日、新型コロナウイルスの感染拡大で、世界保健機関(WHO)が指定する危険地域で開催が予定される国際大会の中止を運営側に求めると発表した。成績が反映されるUCIの各ランキングは、3月15日以降は凍結とする。この処置は、早くとも4月3日までは解除されない。

これに伴いBMXとマウンテンバイクの東京オリンピック(五輪)予選を中断し、中断の適用期間を3月3日以降とする方針を固めた。正式決定には国際オリンピック委員会(IOC)の承認が必要。

パラサイクリングのロードも同様の扱いとなる。(共同)