東京オリンピックの自転車トラック種目の日本代表が9日、オンライン取材に応じ、男子ケイリンの脇本雄太(日本競輪選手会)は「自分への期待も重圧もある。日本発祥のスポーツで金メダルを取る」と誓い、新田祐大(日本競輪選手会)も「たくさんの選手の思いを乗せて走る。金しかない」と宣言した。

昨年の世界選手権女子オムニアムを制した梶原悠未(筑波大大学院)は「朝起きてから夜寝るまで金メダルが頭から離れない。(新型コロナウイルス禍でも)夢が追いかけられる状況に感謝している」と語った。