原則23歳以下で争われるサッカー男子は、来年の開催でも同じ年齢制限となれば中山(ズウォレ)板倉(フローニンゲン)ら一部主力が24歳以上のオーバーエージ(OA)枠を狙うしかなくなる。森保監督は「一回一回の活動に最善を尽くすことに変わりはない」とコメントしたが、一からのチームづくりを求められる可能性が出てきた。

延期の判断については「人々の命と健康があってこその五輪」と理解を示し「世界中の人々に平穏で当たり前の日常生活が戻るよう、この状況が収束を迎えることを願っている」とした。

初の金メダルを目指す女子「なでしこジャパン」の高倉監督は「選手それぞれの心に動揺はあると思うが、与えられた時間を最大限生かして前進していきたい」と先を見据えた。(共同)