東京オリンピック(五輪)のサッカー男子1次リーグA組で日本と対戦するフランスの代表選考が難航している。22歳でA代表のエースでもあるエムバペ(パリ・サンジェルマン)をはじめ、多くの好選手が「所属クラブに道を阻まれ、東京に旅できそうにない」(パリジャン紙)という状況だ。

欧州は現在、欧州選手権の真っ最中。A代表との掛け持ちは現実的でない上、五輪は国際サッカー連盟(FIFA)が定める代表活動期間でないため、各クラブは選手派遣の義務がない。パリSGは拒否の方針でエムバペも「決定権は僕にはない」と受け入れる姿勢を示したという。パリSG以外にも反対するクラブが続出。主軸と期待されるウパメカノ(バイエルン・ミュンヘン)やカマビンガ(レンヌ)らがそろわない可能性が高い。フランスは7月28日の1次リーグ最終戦で日本と対戦予定。