【ハーマル(ノルウェー)共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は27日、競泳男子でオリンピック(五輪)金メダリストの孫楊(中国)によるドーピング検査の妨害疑惑に絡み、警告のみにとどめた国際水連の処分を不服として世界反ドーピング機関(WADA)が提訴した問題の裁定を28日に発表すると明らかにした。

2018年9月に孫楊の自宅で抜き打ち検査が行われた際、同選手の警備員が血液検体の容器を壊したとされる。孫楊は昨年7月の世界選手権男子200メートル自由形で優勝しており、金メダル剥奪の場合は銀メダルの松元克央(セントラルスポーツ)が繰り上がり、日本水連の選考基準で東京五輪代表に決まる。(共同)