テニスの男子シングルスで歴代最多の4大大会通算20度の優勝を誇るラファエル・ナダル(スペイン)は11日、イタリア国際に出場するローマで記者会見し、今夏の東京オリンピック(五輪)出場は「(新型コロナウイルス禍の)このような状況では分からない。今後数カ月でどうなるか様子を見る」と述べた。

34歳のナダルは2008年北京五輪で金メダルを獲得。前回の16年リオデジャネイロ五輪では3位決定戦で錦織圭(日清食品)に敗れ、ダブルスは金メダルに輝いた。「普通の世界であれば五輪を欠場することはない。自分にとって五輪がどれだけ重要かは誰もが知っている」とした。(共同)