3日に行われる男子バレーボール準々決勝の組み合わせが2日に決まった。

1次リーグA組を3位で通過し、29年ぶりに8強入りした日本は午後1時から、2連覇を目指すB組2位のブラジルと対戦することになった。他の3試合はROC-カナダ、イタリア-アルゼンチン、ポーランド-フランスの顔合わせ。日本は1日のイラン戦でフルセットの末に勝利し、92年バルセロナオリンピック(五輪)以来の準々決勝進出を決めていた。