【家族の力・中村剛也】家訓は「太っている=飛ぶ」 肥満を注意され真っ向否定の母

太っているように見える力士も、押してみたらガッチガチといいます。どこまでもボールをかっ飛ばす102キロの体に詰まった、中村家のポリシーと愛情。とにかくかわいい幼少期の写真もお楽しみください。(2011年12月14日掲載。所属、年齢などは当時)

プロ野球

「おかわりくん」といえば、西武中村剛也内野手(28)。ここ4年で通算3度目となる本塁打王を獲得したが、飛ばない統一球が導入された今年の48発は、特に称賛を集めた。名だたるスラッガーが対応に苦しむなか、中村の打球と飛距離は異彩を放った。大阪・大東市在住の父重一さん(59)母久美さん(57)の話から、スラッガーのルーツに迫った。

■父もブレなし「細い子は たかがしれてる」

野球の華は、ボールを遠くに飛ばすこと。中村親子の考えは、幼少から一貫していた。父から口癖のように言われた言葉がある。

重一さん ホームランを打てるバッターになれ。体が大きいから、ボールは飛ぶんやぞ!

土建業「中村組」を経営する父は、大阪・大東市の少年野球チーム「寺川ブラックス」で監督を務め、今年で23年になる。同じ町内の西武宮地克彦コーチ(40)が最初の教え子。

父が指導するグラウンドに付き添った剛也は、5歳から野球を始めた。やがて4番・捕手が定位置となる。

重一さん 小さいころも今の体形のまんま。構えや打ち方もほとんど変わらない。長距離打者でしたよ。太ってる子は打球がよう飛ぶ。細い子は、たかがしれてる。ライナーの速い打球は打てても、飛ばせない。剛也も大きかったけど、うちのチームには2人か3人いた。大きい子が来てくれると、うれしくてね。まわりからは「寺川部屋」ってよく言われてましたよ。

1歳。父重一さんに抱っこされる

1歳。父重一さんに抱っこされる

野球部が相撲部屋に例えられることを心から喜ぶ父。その教育方針は、両親ともブレがなかった。小学校低学年の時、剛也の肥満を注意された。学校から呼び出しを受けた母は、真っ向から反論した。

久美さん うちにはうちの育て方があります。運動もしてるし、大きくしようと思って育ててます。学校の先生にとやかく言われなくても大丈夫ですから、もう呼び出さないでください、と言いました。肥満児だから、お菓子がどうのとか。太ってるから呼び出されてるんだと、剛也が見られるのが嫌だったんです。太いからやせろとは言っても、細い子に太れとは言わないでしょう。それって差別じゃないですか。

■7人家族で毎日食べる米1升

ネガティブにとらえられがちな「太っている」ことを肯定する両親の存在は、精神的に大きかった。コンプレックスを感じることなく、伸び伸びと育った剛也は「太ってて嫌だったことも、いじめられたこともない」と言う。

重一さん デブでも、動けるデブなら構わない。小さいころから、動きは機敏だった。小学生ではホームランが年に1本出るか出ないかというグラウンドで、3打席連発でスタンドに打ったことがあった。まわりから認められてたし、からかわれることはなかった。

見た目で人を判断せず、何ができるかを大事にした。