【世紀の退場劇〈上〉】同志社大ラグビーWTB大島眞也が語る40年目の真実

ラグビーファンの間で語り継がれる試合がある。1982年(昭57)1月2日、東京・国立競技場。全国大学選手権の準決勝で、2連覇を目指した同志社大学は明治大学と対戦した。前年度決勝の再戦で、事実上の決勝戦と見られていた。同大が7-3とリードした後半20分すぎ。WTB大島眞也(4年)が密集で退場を宣告され、逆転を許した同大は連覇が途絶えた。“誤審”とも言われたあの日から40年。運命に翻弄(ほんろう)され、多くを語らずにいた人を、京都に訪ねた。上下編の上。(敬称略)

ラグビー

大島眞也さん(大島氏提供)

大島眞也さん(大島氏提供)

“京都一のワル”と高校日本代表

古都に吹く風は冷たく、曇り空がより一層寒さを感じさせた。2021年の年の瀬。62歳になった大島の体は引き締まっていて、その姿が、今でもラグビーから離れられないという事実を物語っているようでもあった。

「ええ、覚えていますよ。あの場面のことは鮮明に。忘れることはないんじゃないですかね。退場とコールされて、何が何だか分からんかった。6万人の大観衆がいたんやけど、頭が真っ白になってね。僕の目には客席から降りてきた岡先生しか見えなかった。あの試合は、僕にとって、特別な試合やったんです」

同志社のラグビーを語る上で、当時の部長だった岡仁詩という人は欠かせない。それは早稲田の大西鉄之祐、明治なら北島忠治と同じように、昭和の日本ラグビーの象徴でもあった。

「特別な試合」-

確かに彼はそう言った。それは、岡に救われ、育てられたからこその言葉だった。

かつて京都の強豪だった花園高校でラグビーと出合った。入学してすぐの春の大会。花園高が112-0の大差で伏見工業を破ったことは、ドラマ「スクール☆ウオーズ」の題材にもなった。“京都一のワル”と呼ばれた伏見工の山本清悟(前奈良朱雀高監督)は1学年下で、大島が3年時の高校日本代表のオーストラリア遠征で一緒になった。泣き虫先生こと伏見工の山口良治監督が率いた当時の遠征が、ある意味で人生の転機になった。

ホームステイ先の現地の学生は、ラグビーのシーズンが終わればクリケットやサーフィンなど他のスポーツを掛け持ちした。花園高から同志社に進んだ大島は、大学日本一を目指してラグビーに打ち込みながらも、遠征先での光景が頭の片隅から離れなかった。

大学1年の冬。ポジションをWTBからCTBに代えて出た試合で、ラグビーに区切りをつけることになる。

「プレースキックも任すと言われて、うれしくて仕方がなかった。その3日ほど前に股関節をケガしてね。でも新しいポジションやし、挑戦したい気持ちがあって、無理をして出たんです。そうしたら出来が悪かったんでしょうね。見ていたOBの方から『やる気がないなら辞めてしまえ』と叱られた。若気の至りとでも言うんでしょうか。ああ、それなら辞めてやると」

すぐに、岡に退部の意向を伝えた。すると「明日にでもゆっくり話を聞こう」という返事だった。大島は「俺もとがっていたから。もう(退部を)伝えたと思って」。翌日からグラウンドには行かなくなった。

大阪からフェリーに乗り、向かった先は宮崎だった。車に寝泊まりし、オーストラリアで出会った学生のようにサーフィンにのめり込んだ。大学には行かず、そんな生活は1年続いた。

スポーツ

益子浩一Koichi Mashiko

Ibaraki

茨城県日立市生まれ。京都産業大から2000年大阪本社に入社。
3年間の整理部(内勤)生活を経て2003年にプロ野球阪神タイガース担当。記者1年目で星野阪神の18年ぶりリーグ制覇の現場に居合わせた。
2004年からサッカーとラグビーを担当。サッカーの日本代表担当として本田圭佑、香川真司、大久保嘉人らを長く追いかけ、W杯は2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会、ラグビーW杯はカーワンジャパンの2011年ニュージーランド大会を現地で取材。2017年からゴルフ担当で渋野日向子、河本結と力(りき)の姉弟はアマチュアの頃から取材した。2019年末から報道部デスク。
大久保嘉人氏の自伝「情熱を貫く」(朝日新聞出版)を編集協力、著書に「伏見工業伝説」(文芸春秋)がある。