【闘魂の実像:新日本編13】引退試合、かつてのライバルとの対戦を拒否〈全45回〉

アントニオ猪木さんが2022年10月1日午前7時40分、心不全のため都内の自宅で亡くなった。79歳だった。日刊スポーツでは06年に行った計8時間に及ぶロングインタビューをもとに45回の連載を掲載した。そこで綴られた波瀾万丈の人生を「闘魂の実像」と題して再録する。第3章「新日本プロレス編」の第13回。(敬称略)

プロレス

〈第3章・第13回(全45回)〉

アントニオ猪木の引退試合の対戦相手は、当時、総合格闘技最強といわれたUFC王者ドン・フライだった。往年のライバルや後継者候補との、いわゆる「儀式」にはしなかった。最後まで闘魂を貫く決意がカードににじんでいた。98年(平10)4月、東京ドームにはプロレス史上最多の7万人の大観衆が押し寄せた。

スポーツ

田口潤Jun Taguchi

入社以来、スポーツ部では、五輪競技、相撲、サッカー、プロレス、格闘技、ボクシング、ゴルフを担当。五輪は98年長野、04年アテネ、14年ソチ、16年リオデジャネイロ大会を取材。
プロレス取材は05年で、新日本の暗黒時代だった。