1Rは「スタートを取って突っ張るつもりだった」という三浦大輝(21=宮城)が早めの仕掛けで勝利。

レースは大井崇が赤板6番手からカマシ先行。だが後位が離れ、三浦が番手にすっぽり。三浦は「ここで待っているようじゃ駄目」という気持ちで、すかさず番手から踏み出し打鐘から1周半をもがききった。初日の失敗を反省し、ようやく笑顔を見せた。