代謝のボーダー上にいる和田信一(48=滋賀)が、現役続行に前進した。

準決4Rは5着に敗れたが、最悪のケースは免れた。「7着だったら一般戦に落ちるので、それだけは避けたかった。(最終日は)ちょっと余裕を持って走れます」と笑みを浮かべた。

最終日3Rは関谷哲平の番手回り。できるだけ上位着を取って、強制引退回避に駄目を押したい。